トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト大阪府 > 丸福

丸福

丸福

特許をとっている当店自慢の呉服の里うどん一度食べに来てね!

-創業大正12年-
“だし”にこだわり、お客様から「だしが美味しい」とお声を頂き、うれしい限りです。

■うどん ■そば ■丼物

丸福:DATA
住所〒563-0050
大阪府池田市新町8-7
電話072-751-3759
FAX
URL
営業
駐車場3台 
業種飲食店、うどん店、そば店
アクセス(最寄駅)
○阪急宝塚線・池田駅徒歩15分
(バス)
○中橋停留所・徒歩2分
(その他)
国道173号線の新町交差点からすぐです。
お役立ち情報

丸福の地図

大阪府池田市新町8-7

丸福の詳細をご紹介!

○うどん ○そば ○丼物

-創業大正12年-

長年、言い伝えられた“味”“だし”を引き継ぎ、皆様から“おいしい”とお声を頂き、これからも味にこだわりたいと思います。

★呉服(くれは)の里うどんは“あんかけ風”で商標登録してます。ぜひご賞味下さい。

<メニュー>
○定食
 うどん、丼物セット 780円

○うどん定食
 うどん(甘いあげ1枚付) 一口カツセット 650円

○創作うどん
 呉服(くれは) あんかけ風

○きつねうどん 500円

○味噌煮込うどん等

○丼物各種
 他人丼、親子丼、木の葉丼、玉子丼、カツ丼等

○各種そば類

※国道173号線の新町交差点からすぐです。

<営業時間>
11:00~15:00
17:00~20:00

<休業日>
日曜日



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。