トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト富山県 > かすま本店

かすま本店

かすま本店

手打の技と味伝え103年老舗の味をどうぞ!!

●手打ちそば かすまでけのそばつゆだし(かつおだしではありません)
●昔ながらの中華そば
●しこしこもっちりの手打ちうどん

かすま本店:DATA
住所〒937-0863
富山県魚津市新宿4-18
電話0765-22-0101
FAX
URL
営業
駐車場
にいかわ信用金庫駐車場利用可
業種うどん店、そば店、丼物店
アクセス(最寄駅)
○富山地鉄線・電鉄魚津駅徒歩3分
(車)
○JR魚津駅から5分
○魚津インターから13分
お役立ち情報

かすま本店の地図

富山県魚津市新宿4-18

かすま本店の詳細をご紹介!

◆手打ちそば、かすまだけのそばつゆだし(かつおだしではありません)
◆昔ながらの中華そば
◆しこしこもっちりの手打ちうどん
など充実のメニューが揃っています。

【お品書】
◆そば・うどん
・かけうどん500円
・かけそば500円
・月見そば・うどん650円
・玉子そば・うどん650円
・カレーうどん600円
・かしわそば・うどん700円
・五目そば・うどん700円
・親子そば・うどん700円
・牛そば・うどん750円
・天ぷらそば・うどん750円
・上天そば・うどん1200円
・山菜そば・うどん750円
・鍋焼うどん750円
・味噌煮込うどん800円
・天とじそば・うどん800円
・山かけそば・うどん800円
・なめこおろしそば・うどん800円
・にしんそば850円
・あなごそば・うどん900円

◆中華そばもの
・中華500円
・五目中華750円
・焼豚めん750円
・ちゃんぽんめん800円
・ちゃんぽんうどん800円
・味噌ラーメン800円

◆一品料理
・焼豚
・とんかつ
・エビフライ
・鳥の唐揚げ
・酢の物
・かまぼこ
・お新香

◆御飯物(丼物はみそ汁サービス)
・御飯230円
・カレーライス600円
・玉子丼650円
・親子丼700円
・かつ丼750円
・牛丼750円
・味噌粥800円
・あなご丼900円
・牛焼肉重900円
・天丼1200円
・うな重1300円
・カツカレー950円
・海老フライカレー950円
・かつ煮定食850円
・ハンバーグ定食1100円
・焼肉定食1100円
・とんかつ定食1100円
・海老フライ定食1100円
・天婦羅定食1700円
・ラーメン+おにぎり又は小御飯、揚げぎょうざ付セット850円
・牛丼+そば又はうどん、揚げぎょうざ付セット850円

◆冷やしもの
・もりそば・うどん600円
・ざるそば・うどん650円
・山かけざるそば950円
・天ざるそば・うどん1300円

◆季節物
・そうめん650円
・冷し中華850円

◆お飲みもの
・生ビール(中)550円
・ビール(大)600円
・ビール(小)450円
・御酒400円
・サイダー
・ジュース



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。