トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト群馬県 > 一茶庵

一茶庵

一茶庵

本当の江戸前そばが食べられるお店!

一茶庵伝統の手打ちそばの技術を守り続ける当店では、常に5種類のおそばを用意してお客様をお待ちしております。国内産のそば粉のみを使用したおそばの他、あげ出しのうどんも好評です。

一茶庵:DATA
住所〒376-0024
群馬県桐生市織姫町2-5
電話0277-46-1017
FAX
URLhttp://r.gnavi.co.jp/b141800/
営業11:00~17:30
(ラストオーダー17:00)定休日 月曜日
駐車場有 100台(共用)
業種そば店
アクセス(最寄駅)
○JR線・桐生駅南口より車で5分
○東武線・新桐生駅車で7分
(その他)
桐生地場産業振興センター2F
お役立ち情報☆おみやげは「干そば」「汁缶詰」「ユーキッス(そば粉のクッキー)」等を御利用下さい。
☆コーヒー・紅茶・お抹茶や甘味もご用意してお待ちしておりますのでゆったりしたティールームも
 どうぞ、ご利用下さい。
☆席数が50席になりました!

一茶庵の地図

群馬県桐生市織姫町2-5

一茶庵の詳細をご紹介!

~* 一茶庵 *~

≪ おすすめ ≫
・五宝天もり 2,100円
・かもせいろ 1,000円
・三色天もり 1,700円
・天ざるそば 1,250円
・さらしな 650円

≪ お土産 ≫
・干しそば おつゆの缶詰 350円
・干しそば5袋・汁缶2本入り 2,550円
・干しそば8袋・汁缶3本入り 4,100円

◎席数 50席
◎コーヒー・紅茶・お抹茶や甘味もご用意してお待ちしておりますので
 ゆったりしたティールームもどうぞ、ご利用下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

群馬県桐生市織姫町2-5(桐生地場産業振興センター2F)
TEL:0277-46-1017



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 日本蕎麦の歴史

蕎麦は日本ではいつ頃食べられるようになったのでしょうか。どうやら古文書によると奈良時代にはもう食べられていたようです。ただし、当時は主要な食べ物というわけではなくて、その当時の人々の認識は、雑穀の一種であって、ひえやあわといった穀物と同列の扱いだったのでしょう。 それがわかるのは、鎌倉時代に書かれた古今著聞集によると、藤原道長のおいが、山に入ったところ、そこに住んでいる人から蕎麦料理を振る舞われてたくさんの蕎麦を食べたことに素直に驚いているような記述が見られることです。当時

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。