トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト東京都 > 矢田部茶屋

矢田部茶屋

矢田部茶屋

武蔵野散策の休憩に気軽にお立寄り下さい

元禄年間に深大寺の住職が天台宗林王寺門跡第三世光辨法親王に、自坊で打ったそば切りを献上したといわれるそばを私たちの手で再現し更に磨きを掛けて皆様に味わって頂き、舌づつみをうって頂けるよう日々そばを作り続けて参りました。
その伝統と努力の味を食感して頂ければ幸いです。

矢田部茶屋:DATA
住所〒182-0017
東京都調布市深大寺元町5丁目14-3
電話042-484-2518
FAX042-486-7100
URLhttp://www.annie.ne.jp/~yatabe/
営業
駐車場有 
業種うどん店、そば店
アクセス(最寄駅)
○京王線・つつじヶ丘駅「深大寺」行きバス約12分
○中央線・吉祥寺駅「深大寺」行き、「調布駅北口」行きバスで約25分
○中央線・三鷹駅「調布駅」行きバス約20分
お役立ち情報一度食べたお客様から是非宅配して欲しいとのご意見に宅配販売を開始致しました。
生そばと、タレがセットとなっております。
生ものですのでクール宅急便で着払い配送致します。
詳しくはホームページをご覧下さい。

矢田部茶屋の地図

東京都調布市深大寺元町5丁目14-3

矢田部茶屋の詳細をご紹介!

元禄年間に深大寺の住職が天台宗林王寺門跡第三世光辨法親王に、
自坊で打ったそば切りを献上したといわれるそばを私たちの手で再現し
更に磨きを掛けて皆様に味わって頂き、舌づつみをうって頂けるよう
日々そばを作り続けて参りました。

その伝統と努力の味を食感して頂ければ幸いです。
そばのコシとつゆには自信があります!
是非ご賞味いただけるようお願い申し上げます!

◆お品書き◆
・『そば定食コース』 1,260円
・『そば定食コース』 1,575円
・『そば定食コース』 2,100円
・『そば定食コース』 2,625円
・天ぷら ・深大寺そば ・煮物 ・御飯
・和え物 ・焼き魚 ・茶碗蒸し
以上の組み合わせです。
※予約が必要となります。
※上記コースのお値段は消費税込みです。

<単品>
・深大寺そば 600円
・かけそば 600円
・ざるそば 650円
・月見そば 650円
・とろろそば 750円
・山かけそば 750円
・天ぷらそば 800円
・山菜そば 700円
・たぬきそば 650円
・天ざる 1,100円
・天ぷら盛合せ 1,000円
・煮込おでん 500円
・みそおでん 350円
・甘酒 350円
・ところ天 350円
・おしるこ 400円
・玉子丼 600円
・天ぷら定食 1,200円
・とろろ定食 650円

<御飲み物>
『御飲み物』
・ビール(大) 550円
・お酒 400円
・ジュース 200円
・烏龍茶 200円
・ウイスキー 5,500円
・焼酎 2,500円

『御宴会・御法事用料理のご案内』
3,150円
・天ぷら ・和え物 ・刺身 ・みそおでん
・焼き魚 ・深大寺そば ・煮物

※その他、
 3,675円、4,200円、4,725円、5,250円『コース』もあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦粉を使った料理

蕎麦粉は、蕎麦切りとして冷たくもしくは温かくして食べることが一般的ですが、他にも蕎麦粉を使った料理や蕎麦の実を使った料理があります。最近では、蕎麦粉を使ったデザートも増えています。ここでは、こうした蕎麦粉を使った料理を紹介しましょう。 一つ目は、蕎麦がきです。麺(蕎麦切り)としてではなく塊状なのが特徴です。作り方も簡単で、蕎麦産地では昔からおやつとして定番だったようです。蕎麦粉に熱湯をかけて混ぜ粘りがでた状態のものを食べる「椀がき」と、小鍋に蕎麦粉と水を合せ加熱しながら練る

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。