トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト日本蕎麦の製法 > 蕎麦に関する道具

蕎麦に関する道具

蕎麦に関する道具の画像

日本蕎麦の好きな人の中には、自分で蕎麦を打ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

蕎麦打ちには蕎麦道具が必要になりますが、どんな道具をそろえたら良いのでしょうか?こね鉢、のし板、麺棒、麺きり包丁、こま板…などが考えられます。最近では、脱サラで蕎麦屋を開業する人が増えている人が増えている上に、趣味で蕎麦打ちをする人も増えています。そのため、蕎麦打ち専門業者を探さなくても、ホームセンターなどにも売られているようになりました。

「蕎麦打ちセット」など、必要な道具が全て揃っている商品も登場しています。しかし、初心者のうちは、全て本格的な道具を用意する必要がないでしょう。家庭用の道具でも、美味しい蕎麦を打つことができます。こね鉢の変わりにステンレスのボールが代用でき、のし板は台所のステンレスの部分で代用できます。50~60センチ角の平らな板があれば、それものし板の代わりに使えます。麺きり包丁は家庭用の菜切り包丁でも大丈夫です。蕎麦打ちを始めた頃は、形も悪くて不ぞろいな蕎麦になってしまうことでしょう。とはいえ、自分で打った蕎麦は美味しいものです。回数を重ねる内に上達していきますので、何度でもチャレンジしましょう。

ある程度上達したら、本格的な蕎麦道具を揃えてみてください。ところで、クッキングトイをご存知でしょうか。お子さんのいる人であれば知っているかもしれませんが、そのクッキングトイに蕎麦打ちもあります。子どものおもちゃとはいえ、結構本格的に蕎麦打ちができますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 丹三郎 東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎260 電話0428-84-7777
    • ふじや食堂 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元110−2 電話0229-83-2232
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225
    • 砂場 東京都世田谷区桜2丁目10−9 電話03-5450-8853

今日のお勧め記事 ⇒ 中部地方の日本蕎麦

中部地方の蕎麦といえば、一番有名なのは信州蕎麦でしょう。やはり、蕎麦という作物は高冷地でよく育ちますので、信州の風土が合っているということで、多くが栽培され、そこでとれたそば粉を、信州各地域で自家製料理として、さまざまな風に蕎麦打ちをして食べていました。この流れを引くのが現在の信州蕎麦で、今では信州地域の蕎麦を総称していますが、登録商標として、長野県信州そば協同組合がもっていて、それによれば、そば粉を40%以上配合した良質の干しそばのみを、信州蕎麦と呼んでいます。ただし、永

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。