トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト日本蕎麦の製法 > 日本蕎麦の製法

日本蕎麦の製法

日本蕎麦の製法の画像

日本蕎麦の作り方はどんなものでしょうか。機械で作るメンは、自動的に作られますが、手打ち蕎麦の場合は人間の手をかいするので、いくつかの行程があります。まずは、そば粉を鉢に入れて水を加えて練り上げます。ただし、そば粉だけでは、みずをくわえただけではまとまりがありません。いくらこね上げても、ゆであげたときには、ぶつぶつとメンが切れた状態になってしまうので、粘りけを出すためにつなぎをくわえます。つなぎは、小麦粉が多く使われますが、他に山芋や卵なども加える場合もあって、蕎麦の種類が豊富になるのはこのつなぎの違いのためのことが多いです。

このようにそば粉とつなぎを混ぜ合わせたものを練ったら、これを打ち粉を広げた木の台の上にのせて、木の棒を使ってのばしてゆきます。そして、十分にのばしたところで、それをまな板に移動させ、定規のようなものを当てながらそば切り包丁で、幅一ミリから二ミリの線状に切っていきます。これで生麺のできがありです。

このあと、麺をゆでることになりますが、先ほどのつなぎを使った蕎麦に比べて、十割のそば粉でできた十割蕎麦(生粉打ち蕎麦)は、切れやすいので、「せいろそば」といって、ゆでるのではなく、蒸してざるごと客に出すものもあります。

このようにしてできあがった蕎麦は、汁を付けて食べますが、つゆと呼ばれる汁には、味が濃いものと薄めのものがあって、濃いものは、細い蕎麦が使われることが多いのですが、汁をあまり付けないで少量を付けて食べるのが一般的とされています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 丹三郎 東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎260 電話0428-84-7777
    • ふじや食堂 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元110−2 電話0229-83-2232
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225
    • 砂場 東京都世田谷区桜2丁目10−9 電話03-5450-8853

今日のお勧め記事 ⇒ 日本蕎麦の歴史

蕎麦は日本ではいつ頃食べられるようになったのでしょうか。どうやら古文書によると奈良時代にはもう食べられていたようです。ただし、当時は主要な食べ物というわけではなくて、その当時の人々の認識は、雑穀の一種であって、ひえやあわといった穀物と同列の扱いだったのでしょう。 それがわかるのは、鎌倉時代に書かれた古今著聞集によると、藤原道長のおいが、山に入ったところ、そこに住んでいる人から蕎麦料理を振る舞われてたくさんの蕎麦を食べたことに素直に驚いているような記述が見られることです。当時

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。