トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト > 日本蕎麦の製法

日本蕎麦の製法

蕎麦に関する道具

日本蕎麦の好きな人の中には、自分で蕎麦を打ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか? 蕎麦打ちには蕎麦道具が必要になりますが、どんな道具をそろえたら良いのでしょうか?こね鉢、のし板、麺棒、麺きり包丁、こま板…などが考えられます。最近では、脱サラで蕎麦屋を開業する人が増えている人が増えている上に、趣味で蕎麦打ちをする人も増えています。そのため、蕎麦打ち専門業者を探さなくても、ホームセンターなどにも売られているようになりました。 「蕎麦打ちセット」など、必要な道具が全



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦の製法の記事

日本蕎麦の製法のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

蕎麦に関する道具

蕎麦に関する道具

日本蕎麦の好きな人の中には、自分で蕎麦を打ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか? 蕎麦打ちには蕎麦道具が必要になりますが、ど・・・


日本蕎麦の原材料

日本蕎麦の原材料

日本蕎麦とは、ソバの実を原料として加工した麺類の一種で、日本料理の代表食の一つです。美味しいだけではなく、生活習慣病を予防する健康食として・・・


日本蕎麦を作る

日本蕎麦を作る

日本蕎麦を作るにはどうしたら良いのでしょうか?蕎麦を自分で打って食べたら美味しいでしょう。打って直ぐに食べる蕎麦はおいしいですし、家族も喜・・・


日本蕎麦の製法

日本蕎麦の製法

日本蕎麦の作り方はどんなものでしょうか。機械で作るメンは、自動的に作られますが、手打ち蕎麦の場合は人間の手をかいするので、いくつかの行程が・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。