トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト日本蕎麦の知識 > 日本蕎麦のアレルギーについて

日本蕎麦のアレルギーについて

日本蕎麦のアレルギーについての画像

アレルギーがあって、日本蕎麦が食べられないという人がいます。蕎麦粉はアレルギー物質を含む食品として食品衛生法施行規則、別表第5の2による特定原材料として指定されており、特定原材料を含む旨の表示が義務付けられています。

蕎麦アレルギーだと思う人は、蕎麦粉の表示があるものを食べないようにしましょう。アレルギーの症状としては、軽い頭痛のこともあれば嘔吐することもあり、ひどいアナフィラキシーショックを起こして倒れてしまう人もいるので注意が必要です。アレルギーの激しい人は、蕎麦打ちの実演をしている場所にも近づいてはいけません。

デパートなどで、良くイベントが行なわれていますよね。そば粉が舞っているからです。経口的(喫食)だけでなく経気道的(吸入)、経皮的(接触)にもアレルゲンとなるからです。日本蕎麦を食べなければ大丈夫かと思えば、そうではありません。例えば、蕎麦屋さんの一品料理には蕎麦粉が使われている可能性が高いです。多いのがうどんです。蕎麦とうどんは同じような作り方をするために、同じ釜で茹でたり湯通ししたりして、蕎麦の成分がついてくることがあります。また、うどんの打ち粉に蕎麦粉がついてくることもあります。麺棒や延し台などの道具を共用していれば、当然うどんに蕎麦粉が混じりますよね。うどんだから大丈夫と思っていると、蕎麦アレルギー症状がでることがありますので、店員さんにきちんと確認することが大切です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

    • いこら亭 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地2丁目3−10 電話0735-52-3474
    • 肴町長寿庵 東京都文京区向丘2丁目29−5−102 電話03-3811-4813
    • 沢庵出石そば 兵庫県豊岡市出石町町分148−5 電話0796-52-7888
    • そば神/神城 長野県北安曇郡白馬村大字神城沢渡6627−1 電話0261-75-2900

今日のお勧め記事 ⇒ 日本蕎麦の製法

日本蕎麦の作り方はどんなものでしょうか。機械で作るメンは、自動的に作られますが、手打ち蕎麦の場合は人間の手をかいするので、いくつかの行程があります。まずは、そば粉を鉢に入れて水を加えて練り上げます。ただし、そば粉だけでは、みずをくわえただけではまとまりがありません。いくらこね上げても、ゆであげたときには、ぶつぶつとメンが切れた状態になってしまうので、粘りけを出すためにつなぎをくわえます。つなぎは、小麦粉が多く使われますが、他に山芋や卵なども加える場合もあって、蕎麦の種類が豊

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。