トップ 日本蕎麦屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦屋さんの案内サイト日本蕎麦について > 蕎麦湯について

蕎麦湯について

蕎麦湯についての画像

蕎麦屋さんにいくと、蕎麦湯が出てくることがあります。手打ち蕎麦のお店では、必ずというほど出てきます。釜にある茹で湯をそのまま出すお店もあれば、蕎麦湯専用に別に用意しているお店もあります。

釜の茹で湯を出す場合には、開店直後は薄いのですが、客が入るに従い段々濃くなります。そのため、開店直後で薄い時は、少しそば粉を入れて濃くしてくれるお店もあるようです。蕎麦湯専用にそば粉を溶き、とろーっとした蕎麦湯を出すお店もあります。では、蕎麦湯の飲み方はどうしたら良いのでしょうか?

蕎麦通の人にはそれぞれのこだわりがあると思いますが、ここでは一般的な飲み方を紹介しましょう。蕎麦湯を出されたら、蕎麦猪口に注いで飲んでください。蕎麦の香りや味を一番味わうことができるのは、やはりそのまま何も入れずに飲むことです。薬味を入れる人もいます。他には、蕎麦つゆで割って飲んだり、塩で味付けする方法もあります。蕎麦湯は、蕎麦を食べた後の口の中のザラツキを流してサッパリさせるために飲むものですが、辛いつけ汁を飲んだ時に舌先を落ち着かせるために合間に飲む人もいます。

蕎麦湯に残った栄養分を飲みほすという意味もあるようです。蕎麦湯は時間が経つと底に沈んでしまいます。軽く揺すってから注ぐようにしてくださいね。蕎麦が美味しいお店は、必ず蕎麦湯も美味しいので、是非味わって欲しいと思います。十割蕎麦の蕎麦湯の方が、つなぎ入りの蕎麦湯に比べて、コクがあり味わい深いですよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

    • いこら亭 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地2丁目3−10 電話0735-52-3474
    • 肴町長寿庵 東京都文京区向丘2丁目29−5−102 電話03-3811-4813
    • 沢庵出石そば 兵庫県豊岡市出石町町分148−5 電話0796-52-7888
    • そば神/神城 長野県北安曇郡白馬村大字神城沢渡6627−1 電話0261-75-2900

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦料理の種類

蕎麦料理にも色々な種類があります。 一番メジャーなのが蕎麦切りです。蕎麦粉本来の香りと喉越しを味わうことができます。この蕎麦切りも、冷たいものと温かいもので違いますし、種物の種類で様々に分かれます。まずは冷たいものです。つけ麺系には盛り蕎麦・ざる蕎麦・天ざる蕎麦(天ぷら付きつけ蕎麦)・鴨せいろ・つけとろろ蕎麦などが、ぶっかけ系には冷やしたぬき・冷やしきつね・冷やしとろろ・おろし蕎麦・みぞれ納豆・冷やしなめこ・冷やしかつ蕎麦などがあります。 日本蕎麦は、盛りやざるで食べられる

日本蕎麦屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。